人材育成

百年前の創業時から、ミヨシ油脂には「人を大切にする風土」がありました。
人が成長して、初めて会社は成長しえると考えるからです。
そのために社員が自ら学び、研鑽していくための
さまざまな教育・研修の制度を用意しています。

研修体系図

階層別研修
目的別研修 自己啓発 選抜型研修等

新入社員研修

ミヨシ油脂の一員となったばかりの新入社員を対象に、約2週間の全体研修があります。
この間、ビジネスの基本(マナー、コミュニケーション、チームワーク等)を体得し、当社の事業や社内の制度・仕組みについて理解を深めていきます。さらに、1週間の日程で全工場を見学、数週間かけて“ものづくり”の一連のプロセスを体験する工場研修も実施し、メーカーとしての基本的な考え方、仕事の進め方を身につけ、各職場に配属されます。

事業成長を支える人材育成

配属後は、職場一体での教育を受けながら、成長をサポートしていきます。
入社3年目になると「3年目社員論文発表会」を開催。入社してから今までの仕事を振り返り、お客様に喜ばれるために社員として何をすべきか・どうありたいかを考え、それを実現していくための行動や提案を論文にまとめ、役員や社員の前で発表します。社員のキャリアアップを目的とし、若手社員が経営に提案できる風土づくりにも繋がっています。さらに、6年目ステップアップ研修、新任係長研修、主事研修、新任幹部職研修といった階層別研修を実施します。
この他にも目的別研修、通信教育やTOEIC、英会話受講補助などの自己啓発、選抜型・手上げ型研修等を実施しており、さまざまな切り口から「人を大切にする風土」を醸成し続けています。

MIYOSHI OIL & FAT CO.,LTD.