会社案内COMPANY

社長挨拶

伝統の上に、
油脂の未来を築いていく。

ミヨシ油脂の創業は大正10年(1921年)。以来100年近い時を経て、事業を継続してまいりました。

繊維工業石鹸と繊維油剤の製造から出発し、天然油脂を主原料とした食用油脂、工業用油脂、化成品などの分野へと油脂の高度・多角利用を図り、「良き物づくり」を求めて社業に励んでまいりました。
当社の事業は、時代の要請に応じてそのつど革新を繰り返し、変化し続けてきました。しかし、根底にあるものづくりへの想い、経営理念には一貫した信念がございます。
「人によし、社会によし、未来によし」
すべて事業は、世のため人のために行うべきものであり、それを未来に向けてサスティナブルに継続していくことに、企業の存在価値があると確信しています。そしてまた、この信念があればこそ、1世紀近くもの間、弊社は事業を継続しえたのだと思います。

もちろん世の中は常に動いています。それに応じて当社では、市場ニーズを的確に捉えた付加価値の高い新製品開発と新規事業分野の開拓に注力するとともに、業務改善活動を通じて、より質の高いサービスの提供と業務の効率化を推進しています。
またコンプライアンス体制の充実による健全な経営基盤の確立と、総合的な品質管理体制や知財戦略の強化にも取り組んでいます。
「社会」も「未来」も、つまるところは「人」が創り上げるもの。故に、ミヨシ油脂は今後とも生活文化の向上に貢献する総合油脂加工メーカーとして、人と人の「絆」、会社と会社の「繋がり」を大切にし、「お客様に喜ばれるミヨシ油脂」を目指して全社一丸となって努力してまいります。

代表取締役社長

お問い合わせCONTACT

会社概要、食品事業、油化事業、採用、IRに
関するお問い合わせ