HOME > 会社案内 > 千葉工場
サイトマップ

千葉工場

千葉工場航空写真千葉市美浜区の食品コンビナートの一角に位置する工場。1977年の精製工場、1988年の粉末油脂工場の完成により、脱酸から脱臭まで一貫した精製工程をもつ食品加工油脂工場として現在にいたっています。


原料になる油脂は、海上の大型輸送船から関連会社である日本タンクターミナルのタンクヤードのパイプラインを経由して工場に供給されます。1万トンクラスの大型船が接岸できる日本最大級の食油ターミナルを持ち、マーガリン、ショートニング、ラード、粉末油脂製品の東日本地区の生産拠点としてさらなる拡充を目指しています。


工場長からひとこと
千葉工場内タンク創業当初から、緑化活動には積極的に取り組んでいまして、千葉県から緑化優良事業所としての表彰も何度か受けています。
安全面では、お客様に対しても従業員に対しても、工場の敷地内に一歩でも足を踏み入れた時から、ケガのないよう特に注意を払っています。安全対策は、人へはもちろんですが、設備や商品に対しても同じ考えですね。

この工場の特徴である粉末油脂製品は、油を乳タンパクで包んだ油脂を細かく粉末にした品質改良材で、食感や日持ちをよくしたり、柔らかさを出したりなど、用途に合わせて20種もの調合が行われています。
混ぜやすいうえ保管にも便利なので、製パン・冷食業界などから新素材として注目されています。

住所

〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港2-5

営業時間

営業時間 : 9:00〜17:15
電話 : 043-247-3440

電車でお越しの方へ

JR千葉都市モノレール・千葉みなと駅下車徒歩約10分です。
(※JR千葉みなと駅には快速は停車しますが、特急は停車いたしません)



大きな地図で見る