油脂イメージ。ミヨシ油脂

沿 革

1921年(大正10)
繊維工業用石鹸の製造を目的としてミヨシ石鹸工業合資会社を設立
1937年(昭和12)
ミヨシ化学興業株式会社に改組、脂肪酸、繊維油剤を製造
1941年(昭和16)
東京工場においてマーガリンの製造を開始、食品分野に進出
1949年(昭和24)
ミヨシ油脂株式会社に社名変更
東京証券取引所市場第一部に上場
大阪出張所(現 大阪支店)を開設
1950年(昭和25)
名古屋出張所(現 名古屋支店)を開設
高級アルコールおよび粉末石鹸の製造を開始
1960年(昭和35)
神戸工場に合成洗剤・食用油脂・工業用油脂製造設備を建設
1962年(昭和37)
九州営業所(現 福岡支店)を開設
1967年(昭和42)
名古屋工場に合成洗剤・化成品・食用油脂製造設備を建設
1971年(昭和46)
鐘紡(株)(現 クラシエホールディングス㈱との共同出資により、カネボウ石鹸製造(株)を名古屋工場内に設立、化粧石鹸およびシャンプー類の製造を開始
1972年(昭和47)
米国マレット社との合弁により、日本マレット(株)を設立、離型油および関連機械の製造販売を開始
大洋漁業(株)(現 (株)マルハニチロホールディングス)との共同出資により、食用油脂の製造を目的とする(株)大洋ミヨシ千葉精油所を設立
1975年(昭和50)
重金属吸着用キレート樹脂を開発し、販売を開始
1980年(昭和55)
東京工場にホイップクリーム工場が完成し、販売を開始
1986年(昭和61)
玉の肌石鹸(株)との共同出資により、ミヨシ(株)(現 ミヨシ石鹸(株))を設立、家庭用トイレタリー商品の販売を開始
1988年(昭和63)
千葉工場の粉末油脂製造設備稼働
1989年(平成元)
東京に食油技術センター、名古屋工場内に油化技術センターが完成
1991年(平成3)
動・植物油脂類の保管事業を目的とする日本タンクターミナル(株)を系列化 マレーシアの脂肪酸製造会社パームオレオ社に資本参加
1992年(平成4)
(株)大洋ミヨシ千葉精油所を吸収合併、千葉工場に併合
1995年(平成7)
阪神淡路大震災発生、神戸工場被災、直ちに復旧に着手
1996年(平成8)
石鹸事業を分離し、ミヨシ石鹸製造(株)(現 ミヨシ石鹸(株))を設立
1998年(平成10)
神戸工場に新マーガリン工場が完成
1999年(平成11)
名古屋工場の食品部門を神戸工場に移管
2001年(平成13)
東京に食品研究所(現 食品油脂研究所)を設立
2002年(平成14)
千葉工場内に新マーガリン工場が完成、東京工場のマーガリン部門を千葉工場に集約
2003年(平成15)
販売子会社4社を合併し、ミヨシ商事(株)設立